「Webデザインの新しい教科書 改訂3版」を読んだ感想 ⭐

1.0

「Webデザインの新しい教科書 改訂3版」という本を読んだ。

結論からいうと、微妙だった。

書評

読んで思った点:

  • WEBデザインのことがほとんど紹介されていない
  • HTML/CSSの説明で8割くらい使われているので「WEBデザインの本というよりHTML/CSSの本なのでは?」と思った

良かった点:

  • 特になし

悪かった点:

  • 説明がわかりにくい
    • 文章は普通だけど、途中で使われている図などのセンスがなくて分かりづらい。
  • WEBデザインのことが学びたくてこの本を読んだのに、WEBデザインのことがほとんど書かれていなかったので「え?タイトルと内容が合ってないじゃん」ってなった

 

あと、以下のように間違った記述もあった。

▲W3Cが勧告してるHTMLって全部廃止になってますよね・・・?今はHTML Living Standardが標準では・・・?2021年1月28日

▲W3Cが勧告してるHTMLって2021年1月28日に全部廃止になってますよね・・・?今はHTML Living Standardが標準では・・・?

まとめ

以前読んだこちらの本↓が分かりやすすぎて、めちゃくちゃ感動したので、

HTMLやCSSのことが学びたいなら絶対こっちの方がおすすめです。

参考「HTML5&CSS3デザイン 現場の新標準ガイド【第2版】」を読んだ感想

 

例えば、以下は「Webデザインの新しい教科書 改訂3版」でのbackgroundに関する説明です。

このように「Webデザインの新しい教科書 改訂3版」の方では、図や写真がまったく使われているページもあるので、初心者の人がこれを読んでも理解するのはムリだと思いますが

 

「HTML5&CSS3デザイン 現場の新標準ガイド【第2版】」の方では、以下のように数ページに渡って詳しく解説されている上に、図解がめちゃくちゃわかりやすいので1発で頭に入ってきます。

 

書く人によってここまで差が出るものなんですねー。。

 

おわり

読んだ本
スポンサーリンク
この記事を書いた人
penpen

1991生まれ。
2019年くらいからフロントエンドエンジニアを目指している元アフィリエイターです💩

penpenをフォローする
penpenをフォローする
penpenメモ

コメント

タイトルとURLをコピーしました