「この1冊で全部わかる Web制作と運用の基本」を読んだ感想 ⭐⭐⭐

3.0

「この1冊で全部わかる Web制作と運用の基本」という本を読んだ。

結論からいうと、「んー、思ってたのと違う・・」って感じだった。

書評

この本を見つけた当初は、前者だと思っていたのですが実は後者でした。

  • ×:「エンジニアがWEB制作やサイト運用する際の基本」をまとめた本
  • ◯:「エンジニアがWEB制作やサイト運用する際の基本」をまとめた本

 

なので「思ってたのと違う!」となったのですが、これはこれで参考になりました。

読んで思った点:

  • 自分は元アフィリエイターだったこともあって「知ってるよこれ」な部分が多かった。
  • 超基本的なことしか書かれてないので、「今までサイトなんて作ったこと無い!」みたいな初心者の人には参考になる部分が多いかも。

良かった点:

  • 自分の最終目標は、コーダー→フロントエンド→WEBディレクターなのかもしれない。。という発見があった。

悪かった点:

  • 「この一冊で全部分かる」シリーズはこれで4冊目くらいだと思うけど、相変わらず内容が超浅く広いので、これを読んだだけだと「いまいちよく分からん」ってなった。
  • この本を読みながら、分からないワードをその都度ググらないといまいち意味が分からないと思う。

 

おわり

 

読んだ本
スポンサーリンク
この記事を書いた人
penpen

1991生まれ。
2019年くらいからフロントエンドエンジニアを目指している元アフィリエイターです💩

penpenをフォローする
penpenをフォローする
penpenメモ

コメント

タイトルとURLをコピーしました