「仕組みと使い方がわかる Docker&Kubernetesのきほんのきほん 」を読んだ感想 ⭐⭐⭐⭐⭐

「仕組みと使い方がわかる Docker&Kubernetesのきほんのきほん」という本を読んだ。

結論からいうと、最高の本だった。

書評

「Linuxの基本はある程度知ってるけど、DockerとKubernetesは全然知らん!」みたいな人に超オススメ。

良かった点:

  • 全編フルカラー
  • 文章も平易で分かりやすいし、イラストも分かりやすいし、全体を通して「分っかりやすううううううう!!」って100回くらい思った
  • Dockerの章、Kubernetesの章のどちらにも大量のハンズオンが用意されているので、自分で手を動かしながら理解できるのが良い
  • 私はWindowsユーザーなんだけど、Windows版Docker DesktopのWSL2についても言及されていたのが良かった
    •  「DockerではWSL2とHyper-Vのどちらかを使うっぽいけど何が違うんだ?」ってずっと疑問だったんだけど、この本を読むことでこの疑問が解消された
    • 2021年8月現在、WSL2についても言及しているDocker入門本はおそらくこの本しかない気がする

悪かった点:

  • 特になし

 

 

おわり

読んだ本
スポンサーリンク
この記事を書いた人
penpen

1991生まれ。
2019年くらいからフロントエンドエンジニアを目指している元アフィリエイターです💩

penpenをフォローする
penpenをフォローする
penpenメモ

コメント

タイトルとURLをコピーしました