「HTML5&CSS3デザイン 現場の新標準ガイド【第2版】」を読んだ感想 ⭐⭐⭐⭐⭐

5.0

「HTML5&CSS3デザイン 現場の新標準ガイド【第2版】」という本を読んだ。

結論からいうと、素晴らしい本だった。

書評

今まで読んできたHTML本の中で一番よかった。

読んで思った点:

  • 初級者~中級者以上向けの本であって、初心者向けではない。
  • 初心者がこの本を読んでも絶対理解できないと思う。

良かった点:

  • めちゃくちゃ分かりやすい。
    •  文章も最後に「たとえば、こんな感じで使います」みたいに必ず例を交えて紹介してくれていたので、「え?どういうことなの?」となることがほぼなかった。
    • 図もめちゃくちゃセンスがあってしかも分かりやすい。すぐにパッと頭に入ってくる感。神。
    • flexのflex-growとかflex-shrinkとかflex-basisとか、今までよく理解せずに使っていたのだけど、これを読んで意味がハッキリ理解できた。
  • 本書で使われているソースコードがすべて公開されている(ここからダウンロードできる)
  • 「実はこういう風に書けます」とか「実はこういう仕様になってます」というように、MDNを読むだけでは気づけないような補足が多くて参考になった。

悪かった点:

  • 書字方向に関する説明が結構あったけど、書字方向って大多数の人にとってどうでもいいことなので、全部カットしてよかったのでは?と思った。

 

おわり

 

読んだ本
スポンサーリンク
この記事を書いた人
penpen

1991生まれ。
2019年くらいからフロントエンドエンジニアを目指している元アフィリエイターです💩

penpenをフォローする
penpenをフォローする
penpenメモ

コメント

タイトルとURLをコピーしました