ROUTER/AP/WBの違い【バッファロー】

違いについて調べたメモ。

ROUTER/AP/WBの違い

▲BUFFALOの「WSR-2533DHP」という型番のルーターの背面。

 

全体像は以下のような関係図。

ROUTER/AP/WBの違い

 

 

以下の3つがルータの動作モードです。

  • ROUTER(ルーター):
    • 「ルータとして動作します」モード。
    • ネットワークの案内人的な役割を果たしてくれるモード。
  • AP(アクセスポイントモード):
    • 「新しい電波を作りますよ」もしくは「ハブとして働きますよ」モード。
    • すでにルーターが設置されている場合で「無線接続したいんだよなぁ」「ハブを追加したいんだよなぁ」な場合に選ぶモード。
  • WB(ワイヤレスブリッジモード):
    • 「既存の電波を強化しますよ」モード。
    • すでにルーターが設置されている場合で「無線の強度をあげたいんだよなぁ」な場合に選ぶモード。

 

WBは要するに「中継機モード」のことです。

くわしい違いはこちら↓を見てもらうとして

中継機モードとAPモードの違い【無線ルーター】

 

次に以下の2つが「動作モードをどのようにして決定するか?」という切り替えスイッチです。

  • MANUAL
    • 上の3つの切り替えスイッチ(ROUTER/AP/WB)で指定されたモードどおりに動く設定。
    • 例えばROTERが指定されていた場合はルータとして動作するし、APと指定されていた場合はアクセスポイントモードとして動作する。
    • 上の写真を見てもらうと分かると思いますが、MANUALから線が伸びてますよね。これはMANUALの場合は「指定されたモードで動きまっせー」ということを表しています。
  • AUTO
    • 上の3つの切り替えスイッチとは関係なく、ルータがLANの状況に合わせて自動で上の3つ(ROUTER/AP/WB)から最適なモードを選択してくれる設定。

つまり、AUTOを選択すると、上の3つの切り替えスイッチで何を選択しようが、ルーターはそれを無視して「よきにはからえ」モードで動きます。ルーターとかよく分からない人はAUTOを選んでおけば問題ないと思います。

 

デフォルトだと

  • ROUTER
  • AUTO

の2つに設定されているはず。

 

おわり

ネットワーク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
penpen

1991生まれ。
2019年くらいからフロントエンドエンジニアを目指している元アフィリエイターです💩

penpenをフォローする
penpenをフォローする
penpenメモ

コメント

タイトルとURLをコピーしました