ハブとスイッチの違い

ハブとスイッチの違いを調べた結果、今現在ではどちらも同じ意味っぽい。

昔は違ったらしいが。

 

昔は

  • ハブと言えば・・・リピータハブ
  • スイッチと言えば・・・スイッチングハブ

みたいな使い分けがされてたみたいだけど、今現在ではリピータハブが使われることがほとんどなくなったため、”ハブ”の方も「ハブと言えばスイッチングハブ」ということになってしまった。

なのでいま現在では

  • ハブと言えば・・・スイッチングハブ
  • スイッチと言えば・・・スイッチングハブ

という感じでどちらもスイッチングハブのことを指すことになってるっぽい。

 

例えば今現在、Amazonで「ハブ」「スイッチングハブ」とどちらで検索しても、下のようなスイッチングハブしか出てこない。

 

というか、リピーターハブは絶滅危惧種的な感じになってきているらしく、Amazonで「リピーターハブ」と検索しても、下の商品しかヒットしない。

 

おわり

ネットワーク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
penpen

1991生まれ。
2019年くらいからフロントエンドエンジニアを目指している元アフィリエイターです💩

penpenをフォローする
penpenをフォローする
penpenメモ

コメント

タイトルとURLをコピーしました