「新しいLinuxの教科書」を読んだ感想 ⭐⭐⭐⭐⭐

5.0

新しいLinuxの教科書

「新しいLinuxの教科書」というLinuxの入門本を読んだ。

結論からいうと、自分にとっては神本だった。

書評

「Linuxを1から学んでみたい」という初心者に超オススメできる本。

「これ知らないと話にならないよね」とか「これ知っといた方が良いよね」みたいな内容を分かりやすく網羅されていた。

これを読んだお陰で

  • シェルの仕組み
  • シェル変数、環境変数の違い

とか、今まで「いまいちよく分からねえなぁ」みたいなことが「なるほどそういうことだったのか」とすんなり理解できたことが多かった。

それでいてネットワークなどの「まぁそこまで知らなくても大丈夫だよね」「初心者にはちょっと理解するのが厳しいよね」みたいな内容については、説明が省略(というか全カット)されていたり、すごい配慮されてるなーと思った。(もちろんネットワークも知っといた方が良い内容なんだけど。)

Linuxの入門本は今まで3冊くらい読んできたけど、明らかにこの本がズバ抜けて分かりやすかった。

Linux初心者には、今のところ真っ先にこの本を勧めると思う。

 

ちなみにLPICという団体から、「Linux標準教科書」とかいう全255ページ(2020年現在)のPDFが無料で配布されているんだけど

こちらのPDFもかなりオススメだと思う。

ただ、個人的にこちらの内容は少しだけ難しいと思うので「新しいLinuxの教科書」を読んだ後に読んだ方が理解が深まるんじゃないかと思った。

おわり

 

読んだ本
スポンサーリンク
この記事を書いた人
penpen

1991生まれ。
2019年くらいからフロントエンドエンジニアを目指している元アフィリエイターです💩

penpenをフォローする
penpenをフォローする
penpenメモ

コメント

タイトルとURLをコピーしました