「暗号技術入門第3版」を読んだ感想 ⭐⭐⭐⭐⭐

5.0

暗号技術入門

「暗号技術入門 第3版 秘密の国のアリス」という本を読んだ。

結論から言うと、超素晴らしい本だった。

書評

この本を読む前は

  • 公開鍵暗号
  • 共通鍵暗号
  • ハッシュ関数
  • メッセージ認証
  • デジタル署名
  • デジタル証明書

ここらへんの用語の違いがいまいち理解できていなかったのですが、読了後は「これはこうだよ」と誰かに説明できるレベルまで理解できました。

参考暗号、ハッシュ、メッセージ認証、デジタル署名、証明書の違いをわかりやすく

 

個人的にこの本の良いと思う点は

  • 数式がほとんど使われていない
  • 例を大量に用いて説明されている
  • 文章が分かりやすい

という点です。

 

というのも、以前「暗号技術のすべて」という本も読んだことがあるんですが

暗号技術のすべて

こちらの本は逆に

  • 数式などを駆使しまくっている
  • 例などはほとんど使われていない
  • 説明も堅苦しい表現ばかり

という感じで途中から理解できなくなって投げ出してしまったんですよね。(おそらく初級~中級者向けの本であって初心者向けではなかったのです。)

 

その点、今回読んだ「暗号技術入門」は、”入門”という名前が付いているだけあって初心者にやさしい本でした。

特に、この本の筆者は、以下のような「分かりやすい文章を書くにはどうすればいいか?」みたいな本も出しているだけあって、文章が超絶わかりやすいんですよね。

 

というわけで今まで読んだ技術書の中で、一番「読んで良かった」と思える本でした。

 

私と同じように、「暗号のことを学びたいけどネットの情報を拾っているだけじゃいまいち理解できないなぁ」みたいな人には、超オススメできる本だと思います。

 

おわり

読んだ本
スポンサーリンク
この記事を書いた人
penpen

1991生まれ。
2019年くらいからフロントエンドエンジニアを目指している元アフィリエイターです💩

penpenをフォローする
penpenをフォローする
penpenメモ

コメント

タイトルとURLをコピーしました