「AWSではじめるLinux入門ガイド」を読んだ感想 ⭐⭐

2.0

AWSのことを勉強しようと思って「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を読んだ。

結論からいうと、微妙だった。

書評

どんな本か

  • 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という名の通り、「Linuxを学ぶついでにAWSも学んじゃおう」みたいな本

悪かった点:

  • ターゲットの読者層が分からない
    • 「LinuxもAWSも分からない」という人からすると、この本だけでは絶対理解できないだろうし「AWSだけ分からない」という人からするとLinuxの説明が多すぎてAWSのことがいちいち分からないだろうし、誰向けの本なのこれ?ってなった
  • 説明が足りないし分かりにくい
  • Gitの解説とかいらない

良かった点:

  • 特になし

まとめ

結論として、この本は買わない方が良いと思いました。

というか

  • AWS
  • Linux

はそれぞれ別々に学ぶべきものだと思います。1冊で両方を全部解説するなんてムリがある。。

 

ちなみにLinuxは以下の本、

「新しいLinuxの教科書」を読んだ感想

 

AWSについては以下の本がめちゃくちゃ分かりやすかったのでオススメです。

「AWS基礎からのネットワーク&サーバー構築」を読んだ感想

 

 

おわり

読んだ本
スポンサーリンク
この記事を書いた人
penpen

1991生まれ。
元アフィリエイターなWEBエンジニアです。うんちコードなら書けます。
お仕事あれば下さい。カジュアル面談も気軽に誘って下さい。

技術スタック:TypeScript/Next.js/Express/Docker/AWS

penpenをフォローする
penpenをフォローする
penpenメモ

コメント

タイトルとURLをコピーしました