「新しいJavaScriptの教科書」を読んだ ⭐

1.0
新しいJavaScriptの教科書 (SCC Books 414)

「新しいJavaScriptの教科書」という本を読んだ。

結論からいうと、微妙な本だった。

書評

  • 説明が分かりにくい
  • 説明がたりない
    • いきなりよく分からない単語を出したかと思えば、その単語の説明もないし、なぜその単語を出したかの説明もないので、自分でググる羽目になり、ググった結果「別に書かなくても良かったじゃん」ってなることが多かった
  • 誰向けの本なのか分からない
    • 初心者からすると分かりにくいし、初級者~中級者からすると「そんなこと知ってるし、もっと高度なこと説明してくれよ」って感じ

 

正直、途中で「この本、微妙だな」と思って読むのを止めたので、正確な評価は分からないけど、この本を読むくらいなら別のJavaScript本を読んだほうが絶対いいと思う。

個人的には

  • 初心者~初級者:Progate、入門本、なにかしらの入門サイト
  • 初級者以上:JavaScript Primerというネットで無料公開されている本、その他の本

って感じで良い気がする。

 

ところでこの本、Amazonでまったく評価が付いていないのだけど(2021年2月現在)、そんなことってある?

どんだけ人気ないの😅

技術本のAmazonのレビューは割と信頼できる気がするので、評価が低い本も気をつけたほうが良いけど、評価が全然付いていない本も気をつけたほうが良いのだなーと勉強になった。

▲誤字もひどいぞ

 

おわり

 

読んだ本
スポンサーリンク
この記事を書いた人
penpen

1991生まれ。
2019年くらいからフロントエンドエンジニアを目指している元アフィリエイターです💩

penpenをフォローする
penpenをフォローする
penpenメモ

コメント

タイトルとURLをコピーしました