Ubuntu+Apache2の設定ファイルの場所とか構成とかメモ

Ubuntu + Apache2 での

  • 設定ファイルの場所
  • 設定ファイルの構成

とか色々メモ。

環境

  • Ubuntu:18.04.4 LTS
  • Apache:2.4.29 (Ubuntu)

設定ファイルの場所

設定ファイルの本体は以下。

/etc/apache2/apache2.conf

 

他のLinuxOSでは、apache.confの中身を書き換えて設定を変更するらしいけど、Debian系Linuxでは

・本体の設定ファイルはいじらない

・設定を変更したい場合は追加の設定ファイルを追加・削除する

という方針らしい。

 

なので、apache2 フォルダには、以下のようなフォルダ郡があり

├── conf-available
├── conf-enabled
├── mods-available
├── mods-enabled
├── sites-available
└── sites-enabled

○○-enableと書かれたフォルダ内にある設定ファイルを追加で読み込むようになっている。

○○-available内のファイルは読み込まない。

例えば

  • conf-enabled内のファイル ←読み込まれる
  • conf-available内のファイル ←読み込まれない

という感じ。

 

○○-enabledの中身はすべて○○-available内のファイルへのシンボリックリンクになっており

○○-availableに実際の設定ファイルがある。

 

つまり、「設定を無効にしたければシンボリックを消し、逆に有効にしたければシンボリックを作成する」という風に、カスタマイズした設定のON・OFFができる。

そして、そのためのコマンドが以下。

ディレクトリシンボリックの削除シンボリックの作成説明
modsa2dismoda2enmodモジュールの設定ファイル
sitesa2dissitea2ensite仮想ホストの設定ファイル
confa2disconfa2enconfその他設定ファイル

 

設定を変更したあとは、Apacheを再起動する。

 

おわり

Ubuntu
スポンサーリンク
この記事を書いた人
penpen

1991生まれ。
2019年くらいからフロントエンドエンジニアを目指している元アフィリエイターです💩

penpenをフォローする
penpenをフォローする
penpenメモ

コメント

タイトルとURLをコピーしました