ubuntuでロケールを日本語にする方法

現在のロケール設定について確認。

$ localectl
System Locale: LANG=C.UTF-8
VC Keymap: n/a
X11 Layout: us
X11 Model: pc105

 

使用できるロケールについて確認。

$ localectl list-locales
C.UTF-8
en_US.utf8

 

日本語ロケールがインストールされていないなら、日本語ロケールをインストール。

$ sudo apt install language-pack-ja -y

 

インストールされたか確認。

$ localectl list-locales
C.UTF-8
en_US.utf8
ja_JP.UTF-8

 

インストールした日本語ロケールを設定。

$ sudo localectl set-locale LANG=ja_JP.UTF-8

 

日本語に変更することで、様々なメッセージが日本語で表示されるようになった↓。

▲英語ロケールにした状態で、Postfixの設定ウィザードを開いた場合(すべて英語になっている)▲日本語ロケールにした状態で、Postfixの設定ウィザードを開いた場合(すべて日本語になっている)

 

他にもdateコマンドなど。

英語↓。

$ date
Mon Nov 23 05:10:49 UTC 2020

日本語↓。

$ date
2020年 11月 23日 月曜日 05:08:52 UTC

 

ちなみにlocalectlではなくてlocaleという似たコマンドもあるけど、localectlのほうが最新らしい。

 

おわり

Ubuntu
スポンサーリンク
この記事を書いた人
penpen

1991生まれ。
2019年くらいからフロントエンドエンジニアを目指している元アフィリエイターです💩

penpenをフォローする
penpenをフォローする
penpenメモ

コメント

タイトルとURLをコピーしました