UbuntuにMySQLをインストールして使えるようにするまでの手順

Ubuntuに、

  1. MySQLをインストールして
  2. MySQLを使えるようにするまでの手順

をまとめた。(自分用)

環境

  • Ubuntu:18.04.4 LTS
  • MySQL:Ver 14.14 Distrib 5.7.30, for Linux (x86_64) using EditLine wrapper

MySQLのインストール

MySQLのインストールは、以下の2つのコマンドで行う。

sudo apt install mysql-server

sudo apt install mysql-client

 

sudoは「一時的に管理者となって実行する」みたいなコマンド。

aptはパッケージをインストールするためのコマンド。(apt-getの代わりとして最近使われているらしい)

  • mysql-serverはMySQLの本体。
  • mysql-clientはMySQLをCLIで操作するためのパッケージ。要するにmysql-serverを操作するためのパッケージ。

「シェルから操作せずにプログラム上からしかMySQLを操作しない!」という場合はmysql-serverだけインストールすればいいっぽい。

MySQLを使えるようにするまでの手順

インストールした直後は、rootにパスワードは設定されていません。

なので

sudo mysql -u root

と入力すれば、パスワード不要でrootにログインできます。

 

以前のMySQL(5.7以前?)ではインストール時にrootのパスワードを設定する形だったらしいので

sudo mysql -u root -p

とシェルに入力して、そのあとにパスワードを入力してログインするのが普通だったっぽいです。

 

ちなみにMySQLのrootユーザーは、Linuxのroot権限を持ったアカウントじゃないとログインできないらしいので、Linuxの一般ユーザーで

mysql -u root

と入力しても「お前にアクセスする権限ねーぞ」と言われてログインできません。(sudoをつけるかsuでrootになる必要がある。)

 

で、

rootにパスワードを設定していくわけですが、MySQLさんは「セキュリティのために最初にこれを実行したら幸せになれるよ!」なスクリプトmysql_secure_installationを用意してくれていて、これを実行すれば

  • セキュリティの設定
  • rootのパスワード
  • テスト用として用意されているDBの削除

などを対話形式で設定できるようになってます。

sudo mysql_secure_installation

 

対話の内容は、以下のページなどを参考に。

[Sy] MySQL5.7 にて root のパスワード変更などの初期設定をする(mysql_secure_installation 使用)

 

私の場合は、MySQLをローカルでテストしたいだけなので、mysql_secure_installationは実行せずにそのまま使用することにしました。rootのパスワードもセキュリティもどうでもいいですし。

Ubuntu
スポンサーリンク
この記事を書いた人
penpen

1991生まれ。
WEBエンジニアです。うんちコードなら書けます。

技術スタック:TypeScript/Next.js/Express/Docker/AWS

penpenをフォローする
penpenをフォローする
penpenメモ

コメント

タイトルとURLをコピーしました