アンクの「HTML5の絵本」を読んだ感想 ⭐⭐⭐

3.0

アンクの絵本

アンク社から発売されている「HTML5の絵本」という本を読んだ。

結論からいうと、普通だった。

書評

思ったこと:

  • 「HTML5にはこういうタグとか機能があるよ」というのを網羅的に知るには良い本だけど、何も分からない初心者の人には向いていない本だと思った。
  • 本を読んで出てきた分からないことは個別に調べて、読み進めるとまた分からないことがでてきて……みたいな読み方になりがちな本だと思った。(それが悪いとは言っていない)

良かった点:

  • 文章が平易で読みやすい。図やイラストも豊富。
  • 難しい機能でもかんたんなサンプルコードとともに分かりやすく紹介されているので、つまづかない。
  • 前半の内容はほとんど知ってたけど、後半の内容は知らない機能ばかりだったので勉強になった。
  • 例えば以下のようなこと。
    • IndexdDB
    • いろいろなHTMLのタグ
    • WebWorkers(JavaScriptでマルチスレッドが実現できる機能)
    • Web Messaging(ドメインの異なる複数のページ間でメッセージをやり取りできる機能)
    • Server Sent Events:通称SSE(サーバからPush通信を行うための機能)

悪かった点:

  • 発行が2012年と古い。(2012年4月23日初版発行と書かれていた)
  • 例えばApplication Cacheとかいう今では非推奨の技術が紹介されていたり。
  • あまり詳しい内容は解説されていない。

まとめ

アンクシリーズの本は初めて読んだのですが

別のアンク本も読んでみたいと思いました。(こなみ)

 

おわり

読んだ本
スポンサーリンク
この記事を書いた人
penpen

1991生まれ。
2019年くらいからフロントエンドエンジニアを目指している元アフィリエイターです💩

penpenをフォローする
penpenをフォローする
penpenメモ

コメント

タイトルとURLをコピーしました