「これからはじめるMySQL入門」を読んだ感想 ⭐⭐⭐⭐

4.0

これからはじめるMySQL入門

「これからはじめるMySQL入門」という本を読んだ。

結論からいうと、良本だった。

 

読もうと思った理由は、MySQLについてある程度理解しているつもりだったんだけど「自分がまだ把握できてない機能も多いだろうし1冊くらい入門本を読んでおきたいな」と思ったから。

というわけでどうせなので読んだ結果をメモしておく。

書評

この本の最大の特徴は

「付属しているDVDの中にVirtualBox+MySQLのデータが最初から用意しているから、それを用いて実際にデータベースを操作してみよう」

な点です。

MySQLデータベースとVirtualBoxのイメージセット

▲付属DVDを開くと、このようにVirtualBoxのイメージが入っており、これをマウントすると、勉強用のMySQLデータベースがインストールされているUbuntuを起動できる。その中で実際に手を動かしていく形。

なので実際に手を動かして「こういう風なSQLを打つとこういう風な出力が得られる」というのを体験できるので、MySQLに限らず、データベース初心者にはとっつきやすいと思います。

たとえば

  • 内部結合
  • 外部結合

などは、実際にデータベースを触ってみないといまいち理解できない部分が多いと思うので、こういうテイストの本は素晴らしいんじゃないかと。

 

わたしの場合はというと、わたしは基本的なSQL文とかをほとんど知っていたので半分以上流し読みしたのですが

  • トランザクション
  • トランザクションの分離レベル
  • ビュー
  • ストアドルーチン(ストアドプロシージャとストアドファンクション)
  • トリガー

については知らなかったので勉強になりました。

まぁ復習という意味でも読んで良かったかなと思います。

 

おわり

 

読んだ本
スポンサーリンク
この記事を書いた人
penpen

1991生まれ。
2019年くらいからフロントエンドエンジニアを目指している元アフィリエイターです💩

penpenをフォローする
penpenをフォローする
penpenメモ

コメント

タイトルとURLをコピーしました