Android App Bundleとは?APKとの違い

今現在(2019年12月)、AndroidアプリをGoogle Playで公開する場合、

  • APK(.apk)
  • Android App Bundle(.aab) ←Googleはこちらを推奨している

というどちらかの方法でビルドしたアプリをアップロードできます。

 

前者は従来の方式。

ユーザーに「これがアプリ一式やで」みたいなファイル(.apk)をそのまま丸ごとダウンロードさせるパターン。

 

後者は最新の配布方式。

ユーザーの環境に合わせて必要なファイル(リソースなど)をGoogle Playが選択して、Google Play側でAndroid App Bundle → APKにビルドして、そのユーザーが必要なファイルだけを詰め込んだAPK(.apk)をダウンロードさせるパターン。

例えばいろいろな言語に対応しているアプリでも、日本人は日本語しか使用しないわけで、そんな日本人には「日本語のリソースだけを配布したほうがダウンロード量が減ってお互い助かるよね」みたいな話。

参考Dynamic Delivery について  |  Android デベロッパー

 

ちなみに後者の方法の場合、.pepk(Play Encrypt Private Key) というキーファイルもGoogle Playにアップロードする必要があります。

例えばAPKでアップロードする場合は、APKをビルドする際に「このアプリはワイが作ったアプリやで」みたいな署名を自分でするわけだけど

Android App Bundleでアップロードした場合は、実際にビルドするのはGoogleなわけなので「このアプリはワイが作ったアプリやで」という署名作業に使うためのキーファイルをGoogleに渡さないといけないよねーみたいな理屈だと思われます。

▲メニューのBuild → Generate Signed Bundle / APK…(後者がAPK、前者がAndroid App Bundle)

 

Android
スポンサーリンク
この記事を書いた人
penpen

1991生まれ。
2019年くらいからフロントエンドエンジニアを目指している元アフィリエイターです💩

penpenをフォローする
penpenをフォローする
penpenメモ

コメント

タイトルとURLをコピーしました