Windows版Docker|3種類の違い

調べたことメモ。

大前提

まず大前提として、

DockerはLinux上でしか動きません。

 

大事なことなのでもう一度言います。

DockerはLinux上でしか動きません。

 

え?でもMacやWindowsでも動いてるじゃん?

と思うかもですが、厳密に言うとDockerは動作するために「Linuxのカーネルが必要」なのであって「Linuxが必要」というわけではないのです。

なので、Linuxカーネルさえ別途用意してやれば、WindowsやMacでもDockerを動かせる・・・という理屈です。

違い

2021年8月現在、Windows版の Docker には以下の3種類があります。

Docker DeskTop
(WSL2版)
Docker DeskTop
(Hyper-V版)
Docker Toolbox
Linuxカーネルの提供元Microsoft社Docker社
仮想化ソフトHyper-V
(一部機能?)
Hyper-VVirtualBox
エディションの制限なしWindows Pro以上
(興味がないので調べてませんがおそらく制限はないと思われます)
OSのバージョンの制限ver2004以降Build16299以降

文章でザックリ

3つの違いを文章でザックリ言うと以下のとおりです。

  • Docker DeskTop(WSL2版)
    Microsoftが用意してくれたLinuxカーネル(WSL2用にカスタマイズされた奴)を使ってDockerを起動するやで!
    仮想化にはHyper-Vを使うやで!
    (WSL2のLinuxカーネルを使う場合は、HyperーVを使う際のOSエディションの制限が受けないのだ!😀)
  • Docker DeskTop(Hyper-V版)
    Docker社が自分で用意したLinuxカーネルを使ってDockerを起動するやで!
    仮想化にはHyper-Vを使うやで!
    (自前で用意したOSを使う場合は、HyperーVを使えるOSエディションが制限されてしまうのだ!😫)
  • Docker Toolbox
    Docker社が自分で用意したLinuxカーネルを使ってDockerを起動するやで!
    仮想化にはVirtualBoxを使うやで!
    (Microsoftにはまったく頼らんで!😑)

 

現状、Docker Toolboxを使うメリットはないので、Docker DeskTop一択という状況です。

(Docker DeskTopは、Docker公式ページからダウンロードできます)

 

さらにDocker DeskTopの中でも、WSL2版一択という状況です。

なぜなら、Docker自身も「WSL2版がおすすめだよ」と言ってますし、WSL2版ならOSのエディションに限らず誰でも使えるからです。

図解

図解すると以下のような感じです。

Windows版Dockerの3種類の違い

このように、実際に3種類のソフトがあるというわけではなく、

  • Docker Desktop
  • Docker Toolbox

という2種類のソフトがあり、Docker Desktopの方に

  • WSL2版
  • HyperーV版

という2種類の機能が内蔵されている・・・という感じになっています。

Use the WSL 2 based engine(Windows Home can only run the WSL2 backend
▲Docker Desktopの設定画面。

このチェックを外すと、おそらくHyper-V版で動くようになりますが、私はHomeエディションを使っているのでチェックが外せなくなってます。

  • Use the WSL 2 based engine (Windows Home can only run the WSL2 backend)
    →「HomeエディションだとWSL2版しか使えません!」
  • WSL 2 provides better performance than the legacy Hyper-V backend
    →「Hyper-V版よりWSL2版のほうがパフォーマンスに優れてます!」

 

 

おわり

 

参考にした本:

仕組みと使い方がわかる Docker&Kubernetesのきほんのきほん | 小笠原種高 |本 | 通販 | Amazon

仮想環境
スポンサーリンク
この記事を書いた人
penpen

1991生まれ。
2019年くらいからフロントエンドエンジニアを目指している元アフィリエイターです💩

penpenをフォローする
penpenをフォローする
penpenメモ

コメント

タイトルとURLをコピーしました