WEB制作会社「当社はUI/UXに強い会社です」←どういう意味?

求人を見てると「当社はUI/UXに強い会社です!」みたいに謳っているWEB制作会社が多いですけど

UI/UXに強いってどういう意味なんだ・・・?と調べた結果メモ。

  • UI:ユーザーインターフェース
  • UX:ユーザーエクスペリエンス

 

結論から言うと、以下のような意味だと思われます。

  • UIに強い
    →「カッコよくて今風なサイトを作れるぜ!」なこと
  • UXに強い
    →「ユーザーの満足度が高いサイトを作れるぜ!」なこと

 

例えば、美容室なサイトを考えると

  • 「デザインはすごくカッコいいけど、どこから予約すればいいか分からないし、目的の情報を探しにくい」

みたいなサイトは「UIは良いけどUXは悪い」と言えます。

 

逆に

  • 「デザインはダサいけど、サイトは使いやすいし、目的の情報を探しやすい」

みたいなサイトは「UIは悪いけどUXは良い」と言えます。

UI → UXに含む

UI は UXに含みます。

ウェブサイトの場合は、UXの大部分はUIです。なぜならユーザーがサイトに触れる大部分はUIだからです。

 

なので先ほどの例で

  • 「デザインはダサいけど、サイトは使いやすいし、目的の情報を探しやすい」

なサイトは「UIは悪いけどUXは良い」と言いましたが、そもそもこれは間違いです。

なぜなら、UIが悪い時点でUXも悪いからです。

 

ただし、阿部寛のホームページのように

  • デザインは古いけど、デザインが古すぎること自体がネタになっていて面白いし、情報も探しやすいし、サイトも爆速
    →なのでユーザー満足度は高い

みたいな例もあります。

つまり「UIは悪いけどUXは素晴らしい」なサイトです。

▲デザインは「20年前かよ」って感じですが、逆にこれが面白くてWEB界隈では有名です。

なので一概に「UIが悪いのでUXも悪い」と決まるわけじゃないです。

もちろん、こういうサイトは例外ですが。。

UX → SEOに良い影響を与える

「UXが高い=ユーザーの満足度高い」ということなので、必然的に

  • サイトの回遊率
  • サイトの直帰率

も良くなります。

その結果、SEO的にもプラスに働くのもあって、WEB制作会社は「当社はUI/UXに強い会社です」とアピールしているんだと思います。

 

そんな感じです。

 

おわり

WEB業界
スポンサーリンク
この記事を書いた人
penpen

1991生まれ。
2019年くらいからフロントエンドエンジニアを目指している元アフィリエイターです💩

penpenをフォローする
penpenをフォローする
penpenメモ

コメント

タイトルとURLをコピーしました