Linux/Unix/BSD/GNU/Mac/Windowsの違い


引用:https://en.wikipedia.org/wiki/Unix-like

 

調べたことをザックリとメモ。

  • UNIX
    • すべての始祖なOS。
    • ベル研究所(AT&T)が開発した。
  • BSD
    • UNIXのオープンソース版OS。
    • UNIXがまだ商用利用される前に、カリフォルニア大学バークレー校の人が「UNIXちょうだい」とベル研究所の人にお願いしてもらったものを、改造+αしたUNIXをBSD(Berkley Software Distribution)と名付けて勝手に配布するようになった。
    • だけど途中から、ベル研究所の親会社であるAT&Tが「UNIXを商品として販売するぜ」と決めたので、それに伴ってバークレー校の人たちに「これ以上BSDを勝手に配布するな」と勝手に配布するのを禁止した。
    • 禁止されてからは、BSDを手に入れるには「AT&Tの許諾」と「お金」が必要になった。
      • 営利目的の場合は2万ドルくらい必要。
      • 非営利目的の場合は200ドルくらいでOKだったらしいけど、その代わりソースコードをいじるのがNGだったっぽい。
    • なのでオープンソースとは言え、最初は完全自由なOSだったけど、途中からは自由がないOSになった。
  • FreeBSD
    • 自由がなくなったBSDに嫌気が指した人たちが作った、完全無料でオープンソースなBSD。
  • Linux
    • UNIXを真似て作ったオープンソースなOS。厳密に言うとOSではなくてカーネル
    • リーナスがMinix(Unixの勉強用みたいなヤツ)に不満を覚えたために作ったらしい。
    • OSを人間で表現すると、カーネルは脳ミソみたいなもの。それ単体では機能しない。手足となる色々なソフトをインストールしてはじめて動くようになる。
    • Linux(カーネル)といろいろなソフトを組み合わせたものを「ディストリビューション」という形で色々なベンダーから提供されているわけだけど、厳密にいうとディストリビューションのことをLinuxと表現するのは狭義の意味では間違っている。
  • GNU
    • 「UNIXみたいなOSをフリーのプログラムだけで作ろうよ」なプロジェクト。
    • Linuxはカーネルなので、それ単体では動かない。なのでGNUプロジェクトのソフトと組み合わせて配布されることが多い(というかほぼ100%そうらしい)。
    • つまり、Linuxは実質「GNUのソフトありき」なのだから「LinuxのことはGNU/Linuxと呼称すべきだ」とGNUプロジェクトのリーダーの人は主張してるらしい。
    • GNUでは「GNU Hurd」というカーネルが採用される予定だったらしいが、Linuxの方がはやく完成し、しかも出来がよかったためにLinuxを採用するベンダーばかりになった。ただ「GNU Hurd」を採用しているOSもある。例えば「Debian GNU/Hurd」など。
  • Mac
    • BSDから派生したOS。
    • Macが安定している理由はもとが安定したBSDだかららしい。
  • Windows
    • 他のOSなど関係なく、Microsoftが独自に作ったOS。
    • 「我が道を行く」なやり方で、クライアントPCのシェアを根こそぎ奪い取ったスゴいOS。
  • Windows Server

 

 

おわり

 

参考にしたページ:ハッカーの系譜⑨オープンソースの巨人たち – THE ZERO/ONE

Linux
スポンサーリンク
この記事を書いた人
penpen

1991生まれ。
2019年くらいからフロントエンドエンジニアを目指している元アフィリエイターです💩

penpenをフォローする
penpenをフォローする
penpenメモ

コメント

タイトルとURLをコピーしました