コンテンツネゴシエーションとは?わかりやすく

以下のMDNで「コンテンツネゴシエーション」について解説がありますが、

コンテンツネゴシエーション – HTTP | MDN

「初心者がこのページを見ても意味不明なのでは?」と思ったので、めちゃくちゃ簡単に説明してみます。

 

まず、コンテンツネゴシエーションは、「ユーザーによって返す内容を変えよう」な仕組みをいいます。

たとえば

  • この人にはファイルAを返そう
  • この人にはファイルBを返そう

みたいな感じです。

MDNにある、こちらの図を例に詳しく説明します👇

まず、httpヘッダーで「Accept-◯◯」ではじまる奴は、「俺はこれを希望するゥ」を表明するためのヘッダーです。

この場合、クライアントは「俺はtext/*ファイルなら受け取れるぜ。言語は英語(en)で頼む。圧縮形式はBrotli優先でよろしく」みたいにお願いします。

ちなみにBrotliというのは「テキストをすごく小さくするぜ」なアルゴリズムのことです。
以前はGzipとかが主流でしたが最近はBrotli一強なようです。

それに対してサーバーは「おっしゃ。じゃあコンテンツはtext/htmlで英語のやつをにしとくやで。あと圧縮形式はBrotliでやっとくわ」みたいにしてhtmlファイルを返します。

ちなみにサーバーが対応していない場合は「英語は対応してないから日本語のやつ返すわ」みたいになります。

 

この後、クライアントはそれに対して「お、Brotliで圧縮してくれたんやな。じゃあ元に戻すか」みたいにしてhtmlを表示する・・・みたいな流れになります。

 

おおまかな流れはこんな感じです。

あと1つ重要なのが「varyヘッダー」です。

「varyヘッダー」は「varyで指定されているヘッダーの内容が違う場合はキャッシュを使い回さないでね」を指示するためのhttpヘッダーです。

たとえば、「英語のコンテンツをください」と言っている人に「日本語のキャッシュがあるから日本語のやつを返したろ」みたいな対応をされると困ります。

なのでvaryヘッダーに「Accept-language」を指定すると「英語と日本語は別々にキャッシュしないとダメなんだな」とサーバーが認識してくれます。

varyヘッダーは、キャッシュと関係しているので、もちろんcache-controlヘッダーとも関係してきます。

 

とりあえず軽く説明するとこんな感じです。

 

おわり

http
スポンサーリンク
この記事を書いた人
penpen

1991生まれ。WEBエンジニア。

技術スタック:TypeScript/Next.js/Express/Docker/AWS

フォローする
フォローする
penpenメモ

コメント

タイトルとURLをコピーしました