Xサーバーでnvm+Node.jsをインストールして動かす(1/2)

どうやら私が契約しているXサーバー(X10プラン)で、Node.jsを動作させることができるらしい。

てなわけで早速試してみた。

 

以下のコマンドでnvm(Node.jsのバージョン管理するためのツール)をインストール。

$ curl -o- https://raw.githubusercontent.com/nvm-sh/nvm/v0.35.3/install.sh | bash

※赤字の部分は任意に変更する(nvm公式のGitHubに最新のコマンドが用意されているのでそれをコピペする)

 

次に、さきほどのinstall.shで出力した環境変数を読み込むために、以下のコマンドを実行する。
参考シェルスクリプトの実行方法4つの違いメモ

$ source ~/.bashrc

 

次に、以下のコマンドでnvmを使ってNode.jsをインストール。

$ nvm install --lts --lts

※long term supportの略。長い間サポートしまっせー!!なバージョンをインストールする

これで試しにnodeと入力すると、REPLを動作させることができた。

 

次はXサーバーでNode.jsを使ってWEBサーバーを立ててみるの巻↓。

XサーバーでNode.jsをWEBサーバーとして動かすぞい(2/2)

Node.js
スポンサーリンク
この記事を書いた人
penpen

1991生まれ。
2019年くらいからフロントエンドエンジニアを目指している元アフィリエイターです💩

penpenをフォローする
penpenをフォローする
penpenメモ

コメント

タイトルとURLをコピーしました