Xサーバー上でNode.js+Sequelizeを使ってMySQLを操作する

Xserverというレンタルサーバー上で

  • Node.js + Sequelize

を使ってMySQLを操作する方法についてメモ。

1.XserverでMySQLの設定

最初にXserverの管理画面で

  • データベース
  • ユーザー
  • ユーザーのパスワード
  • ホスト名

の4つを準備します。

 

まず以下の3つは

  • データベース
  • ユーザー
  • ユーザーのパスワード

以下の画面から設定しておきます↓。

▲この場合、「○○○○_amako」と書いているのがデータベース名、アクセス権所有ユーザーの中に書かれているのがユーザー名

 

次に

  • ホスト名(localhostだと動かないので注意!)

は、「MySQL一覧」タブの中の一番下に以下のような表に書いてます↓。

▲この場合、「mysql2001.xserver.jp」がホスト名です。

2.コードを書く

  1. SSHにてXserverにログイン
  2. 該当ディレクトリに移動
  3. 以下のコマンドでsequelizeをインストールする
npm install sequelize

 

次に、以下のコードでSequelizeから、XserverのMySQLに接続します。

  • データベース
  • ユーザー
  • ユーザーのパスワード
  • ホスト名

については、さきほど取得したものと置き換えてください。

const {Sequelize} = require('sequelize');
const sequelize = new Sequelize('データベース名', 'ユーザー名', 'パスワード', {
  host: 'ホスト名',
  dialect: 'mysql',
});

 

あとは以下のコードで、接続できたかテストできます↓。

sequelize
  .authenticate()
  .then(() => {
    console.log('接続成功');
  })
  .catch(err => {
    console.error('接続失敗', err);
  });

▲接続に成功すると「接続成功」と表示される

 

というかまぁ、ここに書いている内容はすべてsequelizeの公式サイトに書いているので、別に説明するまでもないですけどね・・。

 

おわり

Node.js
スポンサーリンク
この記事を書いた人
penpen

1991生まれ。
2019年くらいからフロントエンドエンジニアを目指している元アフィリエイターです💩

penpenをフォローする
penpenをフォローする
penpenメモ

コメント

タイトルとURLをコピーしました