仮想マシン関係の「Windowsの機能」【Windows10 Home Edition】

Windows10 の「Home Edition」での設定項目です。(ProだとHyper-V関連の設定項目もあるみたいです)

  • 仮想マシン プラットフォーム
    →Hyper-V(※一部機能)を有効にするぞ!な設定(参考
  • Windows ハイパーバイザー プラットフォーム
    →Hyper-Vを有効化すると、他のVirtualBoxなどの仮想化ソフトが使えなくなるけど※1、これをONにするとHyper-V経由で仮想化ソフトが使えるようになるぞ!な設定(参考
  • Linux用 Windows サブシステム
    →WSL(バージョンが2004以降の場合はWSL2も)を有効にするぞ!な設定

 

要するに

WSL2を利用する場合は

  • 仮想マシン プラットフォーム
  • Linux用 Windows サブシステム

の両方を✅にする必要があるけど、WSL1の場合は後者だけ✅をつければいいって感じで

 

VirtualBox や VMware と WSL2を同時に使いたい場合は

  • Windows ハイパーバイザー プラットフォーム

も✅をつけないといけないって感じなのかな。

 

・・・という感じで自分の中では解釈したのですが

もし間違っている場合はコメントしていただけると嬉しいです。

あと、「Home EditionだとHyper-V自体は使えなくて、WSL2を使うためにHyperーVの一部機能を使う」みたいな認識だと思ってるんですけど、この理解で合ってるんですかね・・・。

Windowsの仮想関係周りのマジでややこしい。。

 

おわり

 

※1:CPUには「仮想化を支援しまっせー」な機能が付いているらしいんだけど(IntelCPUにはVT-X、AMDのCPUにはAMD-Vという名前の機能がそれぞれついてる)、Hyper-Vを動かすにはこの機能が必須で、Hyper-Vを動かすとVT-Xなどを専有してしまう。そして、VirtualBoxなどの仮想化ソフトもまたVT-Xなどを必要とするので、結果的に仮想化ソフトが動かなくなるっぽい。

仮想環境
スポンサーリンク
この記事を書いた人
penpen

1991生まれ。
2019年くらいからフロントエンドエンジニアを目指している元アフィリエイターです💩

penpenをフォローする
penpenをフォローする
penpenメモ

コメント

タイトルとURLをコピーしました