EC2からElasticCache(Redis)に接続する

EC2 → ElasticCache(Redis)に接続するための方法についてメモ。

VPC

同じVPCに所属させます。

セキュリティグループ

EC2→ElasticCache(Redis)に接続できるように、セキュリティグループの

  • インバウンドルール
  • アウトバウンドルール

をそれぞれ設定します。

redis-cliのインストール

以下の公式ページどおりにやるだけでOKでした。

ステップ 4: クラスターのノードに接続する – Amazon ElastiCache for Redis

 

具体的にいうと、まず以下のコマンドを流してredis-cliと関連ツールをインストール。

sudo amazon-linux-extras install epel -y
sudo yum install gcc jemalloc-devel openssl-devel tcl tcl-devel -y
sudo wget http://download.redis.io/redis-stable.tar.gz
sudo tar xvzf redis-stable.tar.gz
cd redis-stable
sudo make BUILD_TLS=yes

 

その後、以下のコマンドでログインするだけでした。

src/redis-cli -h <RedisのエンドポイントURL> -c -p 6379


▲Redisにログイン後。(ここでget <key名>を入れたりすると、もうRedisに普通にアクセスできる)

 

おわり

AWS
スポンサーリンク
この記事を書いた人
penpen

1991生まれ。WEBエンジニア。

技術スタック:TypeScript/Next.js/Express/Docker/AWS

フォローする
フォローする
penpenメモ

コメント

タイトルとURLをコピーしました