バーチャルサラウンドとは?

このページでは、

    • 「バーチャルサラウンドってなんなの?」
    • 「バーチャルサラウンドってどういう意味なの?」

という人向けに、「バーチャルサラウンド」という言葉の意味について紹介したいと思います!

バーチャルサラウンドとは?

バーチャルサラウンドとは、

サラウンドな音源の「どこからどういう音が出る」という情報を元に、サラウンドちっくなステレオ音声に加工する技術

です。

(日本語訳だと「疑似立体音響」と言ったりします。)

 

これだけじゃ「どういうことなの?」という人もいると思いますので、例を出しますね。

 

例えば、DVD・Blu-rayに収録されている一部の映画って

サラウンド音声(5.1chなど)で収録されていますよね。

 

サラウンド音声とは、つまり、

  • フロントスピーカー:Aという音が出力される
  • センタースピーカー:Bという音が出力される
  • リアスピーカー:Cという音が出力される
  • サブウーファー:Dという音が出力される

みたいな音の情報が収録されているわけです。

動画配信サービスの中でも

  • Netflix
  • Amazonプライムビデオ

などはサラウンドに対応していたりします。

 

で、

通常、このようなサラウンド音声は、複数のスピーカーを設置して楽しむものなのですが

サラウンド環境を構築するのって

  • それなりにお金が必要だし
  • 場所も必要だし
  • ある程度の知識も必要だし

という感じで、敷居が高いんですよ。

 

こういう風なAVアンプも買ったりしないといけませんしね↓。

 

そこで!

そんな「サラウンド環境なんて構築できないよ!」という人のために

「バーチャルサラウンド」という技術が生まれました。

 

「バーチャルサラウンド」とは、「どこからどういう音が出る」というサラウンド音源の情報を元に、ステレオのスピーカーだけで

  • 前方からAという音が出力されている(・・・風に聴こえる)
  • 前方真ん中からBという音が出力されている(・・・風に聴こえる)
  • 後方からCという音が出力されている(・・・風に聴こえる)
  • 全体からDという音が出力されている(・・・風に聴こえる)

という風に「まるでサラウンド音源かのような音をステレオ環境で再現する」技術のことをいいます。

「2つのスピーカーだけでサラウンドを表現するとかムリじゃね?」と思う人は

以下の動画(14秒目くらいから)を、ヘッドホン(もしくはイヤホン)を付けて視聴してみてください。

Bass and Surround Sound Test

ヘッドホンで聴いているのに「ヘリコプターが上の方を飛んでいるなぁ~」という感じがしますよね?

こういう風な技術のことを「サラウンド」「立体音響」などと呼んだりするのですが、これをステレオ環境で擬似的に(バーチャルに)に再現するのが「バーチャルサラウンド」というわけです。

まとめ

できるかぎり専門的な言葉を使わずに説明してみたのですが、理解していただけたでしょうか?

 

ちなみにですが、「3Dサラウンドに対応しています!」みたいに謳っているサウンドカードやヘッドホンの中には

ステレオな音源をサラウンドちっくに加工する技術

のことを指していることがあるので、注意してください!

 

つまり、以下の2つは似ているようでまったくの別物です!

  • ヘッドホン(ステレオ)で、サラウンドな音源をサラウンドちっくにして聴ける
  • ヘッドホン(ステレオ)で、ステレオな音源をサラウンドちっくにして聴ける

前者がバーチャルサラウンド。

後者はバーチャルサラウンド(偽物)です!(エフェクトでサラウンドちっくに見せかけてるだけ)

 

以上、参考になればうれしいです!

コメント